所長の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 久しぶりのサントリーホールでトラブル遭遇?

<<   作成日時 : 2018/04/08 20:35   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

こんばんは所長です、今日は8ヶ月ぶりにサントリーホールでの演奏会に行ってきました。
三大ピアノ協奏曲の饗宴という公演で、ベートーヴェン・チャイコフスキー・ラフマニノフの3作のピアノコンチェルトを一気に行うという、一度で3回美味しい番組でした。ピアニストは清水和音さん、オケは東京フィルハーモニー交響楽団で、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番が終わり、休憩なしでラフマニノフへと続くと思いきや!何故か清水和音さんと指揮者が一時退場した後、オケ団員も続いて退場し始めました。影アナウンスではなく、スーツを着た男性がステージに現れ肉声で何か言っていますが所長の席はP席(ポディウム)でステージの裏側で何も聞こえず、S席の観客の妙な反応だけがわかりました、所長と同じくP席の観客が聞こえません!と大声で。すると振り返ったスーツ姿の男性がこちらを向いて「ピアノの弦が切れたのでこれから修繕します」とのこと!その間休憩時間とするか否かも伝えられず、観客は勝手に外へ出始めレセプショニストも情報が無いためか厳しい表情で離席をしないように大声をあげ走る!といった始末。かなりシラケたものの弦の修復完了まで約20分で再開しました。切れた弦は88鍵盤の中でもかなり高音の位置でしたから一つの鍵盤に対して3本の弦がある筈です。どんな状況だったのでしょうか?興味が湧きました。
しかし、特に表方の対応の悪さが酷く目につきました。危機管理訓練が出来ていないようです。この程度のトラブルで混乱しているようでは災害時の対応が本当にきちんとできるとは考えられません。
と、今日は辛口ブログとした所長でした。最後の写真は今日のチケットです、ピアノコンチェルトの場合この場所が
一番よくピアニストの手元が見える場所なんです。
画像

月別リンク

久しぶりのサントリーホールでトラブル遭遇? 所長の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる